スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Materialize it, visualize it.

  • 2008/12/09(火) 01:06:36

うぃ~☆
さてさて前回の日記のコメントでたくさん祝ってもらいましたが…ワタクシ武井修志、12月8日をもちまして26歳となりました~っ(拍手)!
いや~、26歳かあ…実感全く無いな(笑)。
周りの環境だったりは一年一年全く違うものになってるけど、俺自身の芯の部分が変わってないからそんなに変化を感じないのかなあ?
まあ何はともあれ、20代も後半。
毎年言ってることだけど、一年一年、一日一日、一分一秒…一瞬一瞬を大事に過ごしていきますよ☆

今年もたくさんの人に祝ってもらったなあ…大事な人、家族、友人、応援してくれる人達。
今まで会ってきた人達の誰もが、今の俺を形作る上で欠かせないからね!
そういった人達に、俺なりのやり方でこれから恩返ししていきたいなあ…この頃切に思うことであります。

そんな26歳の抱負、それが今日のタイトル。
今まで色んな所に行って、色んなものを見て、色んなことを感じてきて、それらは俺の中で今でも鮮明に息づいてる。
何かをやり遂げた時の喜び、どうしようもない理不尽に対して感じた怒り、自分に対して感じた哀しみ、色んなことに感じた楽しさ。
周りの人に対する感謝や、自分自身のやる気、プライド…何でもあるね。
今年はそういったものを形にしていきたいと思うんだよね。

26年間生きてきて感じたもの、それをバスケを通じて形にすることが、今年の目標。
ただ単に思うだけじゃなく、誰の目からもしっかり目に見える形にすること。
今年はそこにこだわっていきたいんだよね。
口で言うほど簡単じゃないことは分かってるけど、でもその分やり甲斐はあるよね。
一年後にどうなってるか…俺自身も楽しみにしながらまた一年、頑張っていこうかな!
ではでは短いけど、今日はこの辺で☆

僕の前に道は無い、僕の後ろに道は出来る。
~高村光太郎

One,
1ST

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

年を取るのは早いです。

気がつけば、もうすぐ○○才。
今まで何をやって生きて来たんだろ?
何を残して来たんだろ。と考えるような年齢になってしまいました。
若いうちに、今やりたいこと、今しかやれないことをみなさんにはやって欲しいですね。
そんなことのお手伝いが少しでもできたらいいなと考えるこのごろです。

  • 投稿者: はな
  • 2008/12/09(火) 12:20:52
  • [編集]

13日の最終節のカードが発表になりましたね♪
STさん、game1に出場・・
少しでも多くplayしている姿が見たいです!
頑張ってくださいね!

  • 投稿者: かよ
  • 2008/12/09(火) 23:50:14
  • [編集]

26歳のお誕生日おめでとうございます☆
人との出会いで自分の形が出来ていくのだとしたら、Legendに出会って、自分の憧れる世界で活躍するSTさんに以前お話をさせてもらったこと、ブログに対してコメントを出させてもらってることも自分にとってこの出会いは感謝してもしきれないほど人生の中で大きな出来事です☆
STさんのバスケットに対する姿勢やプレースタイルをみていると、自分が忘れていたバスケに対する大事な事を思い出させてくれます☆
今シーズンも残り僅かですが、最後までがんばって下さい☆

  • 投稿者: リョウヘイ
  • 2008/12/10(水) 01:37:02
  • [編集]

>はなさん
そうですね、時間は本当に早く過ぎてしまいますからね。
後になってどうこうと悩むよりも、出来る時に出来ることをやり切る。
その結果が自分の人生であれば、納得した人生になると思います。
お互い立ち位置は違いますが、頑張っていきましょうね。

>かよさん
ありがとうございます!
最後は僕らしく、暴れるだけ暴れて勝ちに貢献しようと思ってますよ☆
良い結果を報告出来るよう、頑張りますっ!

>リョウヘイさん
ありがとうございます!
そこまで思って頂けるとは…一表現者として嬉しい限りです☆
これからも僕なりのメッセージを発信し続けることで、少しでも多くの人達にポジティブな刺激を与えられるよう頑張りますよ!

  • 投稿者: 1ST
  • 2008/12/12(金) 01:41:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。