スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3=???

  • 2008/04/17(木) 01:02:58

うぃ~☆
ここのところ精神的になかなかreadyの状態で日々過ごせてまっす。
来月から始まるLegend シーズン6、来月半ばに控えたbjリーグ最終トライアウト、その他にも面白そうなことが幾つか…予定が明確になってきた分、イメージしやすくなって身体が準備し始めてるのかもね。
まあ裏を返せば、そういった明確なものが無くても日々readyで過ごせてなければいけないんだけどね…そういう意味では武井修志、まだまだです。
精進します。

メンタルが良い状態だと自然と身体もついてくるもんで、日々の練習も良い感じでこなせてるかな☆
身体のキレも上々だし、スキル的なところも及第点。
後はゲーム勘をもうちょい戻せば、かなり良い状態で来月を迎えられるんじゃないかな!
頑張りますよ☆

さてさてそんな感じで気持ち良く過ごせていると、心にも余裕が生まれてくるワケで…普段ではなかなか考えも及ばないようなアイデアがポンポン出てくるんだよね。
今日はその中でも興味を持ったものを1つ。

よく「心技体」って言葉を使うけど、3つくくりで大事なものって意外とあるんだよね!
「走攻守」、「三位一体(父と子と聖霊)」、「知力・体力・時の運」…他にも色々。
そこで俺なりに感じたのが、「頭と心と身体」について。
若干「心技体」とかぶったところもあるんだけど、まあそこはご愛嬌で(笑)。

頭と心と身体…言葉で言うと簡単だけど、この3つって意外に絡まりあって存在してるよね。
どれか一つが欠けるだけで、思ったようなものは生み出せない。
例えば俺の話。
バスケをする時に、頭…いわゆる知識だったり、やらなきゃいけないことがしっかり把握出来てないと、良いプレイは出来ない。
熱い心が無いと、いくら身体が動いて知識があっても、感動を生み出せない。
しっかり動く身体が無ければ…プレイ以前の問題だね。

これはバスケ以外にも、特に日々の生活の中でも言えることだと思う。
自分が日々行っていること、そこに「頭と心と身体」はしっかりあるだろうか?
特に大事なのは「心」だろうね、言わずもがなだけど。
心を無くして生きることは物凄く簡単に出来るけど、そういった生活って単調で色の無いものになっちゃうよね。
それじゃあ短い人生を生きるにはあまりに勿体無い!
前にJUNさん(岩佐潤・リンク先参照)のブログでも書いてあったけど、「心(りっしんべん)」を「亡くす」と書いて「忙」になるワケで…身体と頭はやることいっぱいでも、心はいっぱいいっぱいにしたくないもんですな。

…と、たまには真面目に書いてみたり(笑)。
明日も練習頑張りますかー。
ではでは☆

逃げても一生、正対しても一生。
二者択一は、自分自身。
~仏教

One,
1ST

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

その通りですね♪
やっぱり
【心】
って、一番大切な部分だと思います☆

何をするにも、自分自身が
【感じる】
事で現実になって!

感じるにも【心】って言う字がやっぱり付きますもんね♪

。。。って、何か金八先生みたいなコメント(笑)。

  • 投稿者: かをり
  • 2008/04/17(木) 17:27:22
  • [編集]

こんばんは。
実は前にも数回書き込んだ事があります。
STさんのお話は毎回読ませて頂いていますがどれも素晴らしい大人な考えだと思い尊敬していますのでこれからも応援しています。
bjリーグの復帰チームが東京だったらブーストをさせて頂きますよ~。

  • 投稿者: SE・志望
  • 2008/04/17(木) 23:32:37
  • [編集]

>かをりさん
ですよね!
人間らしくあるにはやっぱりこの「心」の部分を、もっともっと大事にしていくべきなんじゃないかと…難しいですけどね。
「感」にも確かに「心」が入りますね、新たな発見です…勉強になりました(笑)。

>SE・志望さん
コメントありがとうございます!
多くの人に共感して頂く文章ってなかなか難しいんですが、バスケとは違ったチャレンジだと思って楽しんでます。
東京…是非入りたいですね~、その時はヨロシクお願いしますっ(笑)!

  • 投稿者: 1ST
  • 2008/04/20(日) 01:29:47
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。