スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What's my style?

  • 2008/01/25(金) 01:03:42

うぃ~☆
2日間くらい?更新止まってました…すんまそん。
今日からまた書いてくので、ヨロシクです☆

月曜のトライアウトに向けて、今日は最後のオフ!
先週は良い感じで練習出来たからね、ちょっと疲れをとって、最後の調整をして、当日を迎えるワケです☆
今度はゲームもやるだろうからなぁ、楽しみぜ…。
もちろん散らかしますけど(笑)☆

んで、昨日はちょっと刺激を求めてSOMECITY(ストリートボールのリーグ)を観に行きました。
予選も決勝も最後はシーソーゲームだったし、熱い良いモノ貰えたかな☆
何より、一緒にやってた連中がまた何か新しいものを作り出そうと頑張ってる姿ってのは自分にとって物凄く刺激になるからね!
友人としてもボーラーとしても、応援していきたいと思うよ。

で、ゲームを観ながらふと思ったこと…。
「プロ」の看板を背負ってプレイするってことは、大学やクラブチーム、いわゆる「アマチュア」でやるのとは圧倒的に違うことがあるんだよね。
それは、自分達を観に来てくれるお客さんがいるということ。
アマチュアでも勿論観に来てくれる人達はいる、けどプロの場合は「お金を払って」観に来てくれる。
それって思った以上に大きな意味を持ってて、自分達が思ってる以上に意識していかなきゃいけないことなんだなぁ、と。

よく色んなプロスポーツを観る機会があるけど、各スポーツによってホントに色んな盛り上げ方があるんだよね。
各リーグ、チームのスタッフの人達が、観に来てくれるお客さんにどうしたら喜んでもらえるか、盛り上がってもらえるかをホント昼夜を問わずに考えてる。
じゃあ、お客さんが一番盛り上がるものは何なのか?

それは俺らみたいなプレイヤー、中で表現する立場の人間が本当に良いパフォーマンスをすることなんだよね。
アトラクションで盛り上がったけど肝心の内容はイマイチじゃあ、お客さんには何も届かない。
逆にゲーム以外のところが充実してなくても、肝心のゲームが良いものだと、お客さんは本当に喜んでくれる。
バスケは特に1点の違いで一喜一憂出来るゲーム、しかも展開が速いから、終盤で競ったりしてるとホントにハラハラドキドキしてくる。
で、そこでビッグプレイが出ようものなら…考えただけでも興奮するよね!
そういったゲームではお客さんは自然と盛り上がってくれるし、満足してくれる。
昨日のゲームの終盤がそうだったみたいにね。
じゃあ、俺らプレイヤーは何をすべきなのか?

簡単だよね、そういった良いゲーム、良いパフォーマンスが出来るように、日頃しっかり練習すること。
そしてそれを自分の舞台でしっかり表現すること。
それを改めて感じたゲームだったよ。
特に俺は自分の気持ちを前面に出して戦うプレイヤーだからね、そういった意味では熱い何かは伝えやすいタイプだと思う。
そうであるだけに、そういった自分らしさをしっかり出せる環境を選ぶこともまた大事なんだよね。
これからどういった環境でプレイしていくのかはまだ分からないところもあるけど、そこはしっかり見誤らないようにしたいと思うよ。
観に来てくれるお客さんを楽しませるためにもね。

…久々に真面目に書いてしまったぜ…(笑)。
明日は朝早めにジムに行くんでね、そろそろ寝るとしますよ。
ではでは☆

あなたの成功に対する決意が何よりも重要だということを、常に肝に命じなさい。
~エイブラハム・リンカーン

One,
1ST

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

STさんの“らしさ”がキラキラと輝く場でプレーできるようになることを祈っています。
昨日はstudio coastに足を踏み入れた直後にSTさん(とTAIKIさん)発見。“!!!”・・でも今回は追いかけるのはやめました、ついこの間お守りにサインして頂いたばかりでしたので。
と言いつつ結局帰り際に人混みに揉まれながら握手をして頂き・・トライアウトへのパワーを入魂させていただいた自分。どーしたいのか?(苦笑)

  • 投稿者: junko
  • 2008/01/25(金) 22:06:09
  • [編集]

タケさんの熱い気持ちを前面におしだしたプレイ楽しみにしています。
月曜日のトライアウトがんばってください♪

  • 投稿者: ショコラ
  • 2008/01/25(金) 22:28:29
  • [編集]

STさんの真面目な話大好きですよ!!笑
私は観る方の人間として、STさんはじめプロの方達がそうやってお客さんを楽しませようとする姿勢が嬉しいですね。
もちろんスタッフの方たちもかなり大変な思いをして、試合であったりイベントなど作られてると思います。
でもやっぱりプレイヤーがその思いを持っていなかったら、次はないかもしれないですね。
パフォーマンスと思いや姿勢って、きっとプレイヤーさん達が思ってる以上に、観客には伝わってるので、
全ての人が「プロ」であるといいなと思います。
私も真面目に語っちゃいました。笑

  • 投稿者: さく
  • 2008/01/25(金) 23:30:50
  • [編集]

>junkoさん
自分らしくプレイすることが一番大事ですよね、そうすれば自然と物事上手くいきますし☆
帰り際にMAMUSHIに「STが帰ります!」みたく言われたもんで(汗)、急ぎ足の対応で申し訳なかったです…。
トライアウトは勿論散らかします!

>ショコラさん
熱さガンガンでプレイしますよ~、それが僕のスタイルですからね☆
月曜が楽しみです!

>さくさん
ありがたいお言葉です(笑)。
そうですね、プレイヤー、スタッフ、お客さん、どれが欠けても良いモノは作れませんからね!
僕も自分のやるべきことをしっかり出来るように、毎日準備しまっす☆

  • 投稿者: 1ST
  • 2008/01/27(日) 00:49:30
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。