スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三本目、もうちょい(笑)。

  • 2007/06/09(土) 01:58:39

うぃ~☆
全然更新してませんな(苦笑)。
まず最初に、前回の日記に関するたくさんのコメント、ありがとうございます!
皆さん色んな意見をお持ちで、色々考えながら読ませてもらいました。
そこで改めて感じたのは、
「富山グラウジーズはこんなにも好かれてるっ!」
ってことに尽きるかな。

好きなだけに気になるし、好きなだけにのめり込む。
好きじゃなかったらこんなに多くのアツいコメントは残らないでしょ~?
見直した、という言い方はも今の感情を表現するのに妥当ではないし、ものすごく偉そうなので使いたくないけど…これだけ愛されてるチームにいたこと、誇りに思います☆

さてさて三部作最後の「プレイヤー編」なんだけど、只今鋭意製作中なんでしばしお待ちを(苦笑)。
これも今までとは違った難しさがあって、なかなか思うように筆が進まんのです。
前までの二作と違って、「俺が考える理想のプロプレイヤー像」みたいなところを書くつもりでいるし、かといってお仕着せがましい持論みたいにしたくはないし…推敲推敲ですよ。

こういった個人の考えって、活字にすると思ったよりも強制力みたいなものが出てくるワケで…好むと好まざるとに関わらずね。
だから、ここに書いてあることが全てではもちろんないし、個人なりの意見があっていいと思う。
そういった意見のるつぼに一石投じ、なおかつそこからの反応から何かを学ぶ。
それは今回の三部全てに共通するテーマでもあります。
読んでくれた人の心に届く文にしなきゃね☆

「プレイヤー編」というだけあって、今現在プレイしてる人の意見なども聞けたら嬉しいかな?
プロとかアマチュアとか、国内とか海外とか、インドアとかストリートとか一切関係なし!
何でも思ったことを聞いてみたいね。

もちろん毎日練習はしっかりやってるんで(笑)!
帰りが遅くて更新出来てないって話もあるが…そこは勘弁して下さい(汗)。
つーワケで短いけどまた明日!
ではでは☆

僕は、個人で出来ることって、決まってると思っているんです。
個人で、ある状況を大きく変えることって難しいです。
大きなものを動かしていくことって、とても難しいことですから。
でも、そのきっかけを作ることは、個人でもできると思っているんです。
それをこれからやっていきたい。
発言にしてもそうですし、行動にしてもそうですし。
~「英雄の哲学」 イチロー×矢沢永吉

One,
1ST

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

アパッチでも頑張ってくださいね☆

  • 投稿者: な・な・し♡
  • 2007/06/09(土) 19:12:07
  • [編集]

TAKEが富山に向けてを執筆しているので、遅まきながら自分なりに今シーズンを振り返ってみました。
今期の富山はセンタープレーヤーがいなかったので、元々チームバランスは悪かったのですが、悪いなりのフォーメーションプレーが出来ていませんでした。
富山はアウトサイド中心のチームです。
(かつて、GMがNHKの特番で雷鳥が羽ばたくように3Pを決めて行くチームを見に来て欲しいと言ったような。。。)
得点パターンは、アウトサイドでパス交換からフリーの選手を作ってシュートするか、外国人選手の1on1で勝負するかです。
(ピック&ロール等のチームプレーは皆無でした。)
得点源は#3でディフェンス時はセンターにマッチアップするのですが、オフェンス時はフォワードとなり、パスを貰うと必ずといっていいほど外に行き、1on1かFGを狙っていました。
これで、得点できれば良いのですが#3がダブルチームされた時は、動きがとれず、他選手へパスをせざるを得なくなります。
残念ながら、ほとんどの選手はFG成功率が悪く、得点できませんでした。
問題点は、オフェンスリバウンドを取る役割分担が無かったことです。
リバウンドはシュートが落ちた時に、皆で取りに行ってました。
(後から行って、リバウンドを取れる程bjは甘くないし、せめて、#3がボールを貰った時、フォワードの誰かがローポストに行って欲しかった。)
チームは#3の調子で決まり、良ければ勝てますが、悪ければ負けます。
また、オフェンスのバリエーションが少ないので攻撃が単調になり、相手チームも守りやすくなっていたと思います。
観客としてはチームが好調で勝てている時は良いのですが、負けている時はいつまでたっても攻め方が変わらないので、飽き飽きしてきます。
極めつけは、外国人頼みのチームだったので、彼らが抜けた時、とんでもない大差で負けてしまった事です。
(プレーオフが完全に消えた高松戦がそうです。)
次に日本人選手についてですが、日本人は体格が小さいのでビックマンへ対応しきれない所はあります。
私見ですが、外国人対策として日本人選手には走り負けしない事、確実にFGを決める事、必ずチームメイトのヘルプに行く事、が求められると思います。
走ることに関しては、現在のグラウジーズは決して走るチームでは無いので機能するかという問題はありますが、やっぱり日本人選手が世界の中で生き残っていくには、ここしか無いかと思います。
また、相手チームは外国人対策で中を固めるから外からのシュートのプレッシャーは必ず低くなるので、ここを確実に決める。
そして1on1で抜かれても、ヘルプに行って、次で止める。
今、bjは外国人選手の多さや、ドラフト指名数の少なさが話題になっていますが、来シーズン、ぜひグラウジーズには日本人を活かした戦略やチーム編成をやって欲しい。
そして、富山は日本人選手の将来にとってプラスになるようなチームであって欲しいと思います。

NBAのファイナルは面白いですね!
一人でも多くの日本人がNBAで活躍して欲しいと思います。

  • 投稿者: ジノビリ
  • 2007/06/10(日) 00:54:20
  • [編集]

>な・な・しさん
???
まだ今後は決まってませんよ(笑)!
でも地元の中の地元が本拠地である東京でやりたい気持ちがあるのは確かですからね、この先どうなることやら…。
楽しみです☆

>ジノビリさん
う~ん、僕の意見とは多少違うところがありますかね?
僕は先シーズンの富山のベストゲームはプレシーズンの仙台戦だったと思ってます。
まだJ達は合流する前でしたが、全員で走って全員で守る…富山がやろうとしていたことのほとんどが出来た、好ゲームだったと思います。
あのメンタリティがシーズン中に出せなかったのは悔やまれますけどね。
やはりチームが皆同じ方向を向いている時は実力以上の力が出るものですからね、そういう意味ではそこの擦り合わせ?が今後の課題なんじゃないかと思いますよ。
…なんか漠然とし過ぎててすいません(苦笑)。

  • 投稿者: 1ST
  • 2007/06/12(火) 01:01:45
  • [編集]

タケさん。
グラウジーズでも頑張って下さいね☆(ニヤリ)

それはさておき。(笑)
今更ですが、グラに「同じ目標に向かう」という意識があったのでしょうか。。。
俺らは何に向かってバスケをしてるんだ?という気持ちがグラブーにもあまり伝わって来なかったような。。。戯言ですみません。m(_ _)m

  • 投稿者: とことん
  • 2007/06/12(火) 10:00:52
  • [編集]

武井さんお久しぶりです。

私もプレシーズンの仙台戦が強烈でしたよ。
外国人なしでこれだったらもしかして!?
いけるとこまでいけるんじゃないのか!?って考えちゃいましたから。

2007-2008シーズンの日程が決まりましたけど
富山開催が平日って。。。。。
悲しすぎですよv-406

  • 投稿者: スマーフ★
  • 2007/06/12(火) 20:01:04
  • [編集]

>とことんさん
グラウジーズでやることは…あるんでしょうかねぇ(笑)?
う~ん、とことんさんの言う通りですね…ただ一つ言えるのは、プレイヤーは一丸となっていた、ということです。
中でやっていた僕は少なくとも感じていましたよ、それが結果として反映されなかったのは残念ですけど。

>スマーフ★さん
お久し振りです、お元気でしたか?
そうですね、あのゲームはやってる方も観てる方も楽しめた一戦だったんじゃないかと思います…なんかもうかなり昔に思えますけどね(苦笑)。
にしても富山では平日開催なんですか!?
う~ん…ちょっとノーコメントですね、もっと人が来れる日になれば良いんですけどねえ?

  • 投稿者: 1ST
  • 2007/06/21(木) 00:49:25
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。