スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山に向けて(ブースター編)。

  • 2007/06/05(火) 23:36:28

うぃ~☆
思った以上にコメントの増えた前々回の日記…やっぱりそれだけ思うところがあったのかもね。
というワケで、今日はその応援してくれる人達について。
便宜上「ブースター」という言葉を使うかもしれないけど、基本的に「富山を応援してくれる人」という括りで考えてもらえれば…。

先日も書いたように、プロチームは応援してくれる人達あってのものだと思う。
けど、俺がまず最初に言いたいこと。
それは、応援する対象を運営している人達がいるから自分達は応援出来る、ということ忘れちゃいけないっていうこと。
どのスポーツでも、よく「応援してやってるんだから…」などという言葉を聞くけど、それは少し違うと思う。
スポーツでもなんでも、何かをやってる人がいる。
それを支える人達がいる。
そこで初めて、それを応援する人達が出来る。
どっちが上とか誰が偉いとかそういうことじゃない、その3つがあって初めて成り立ってる。
その事実を、今一度再確認することが必要なんじゃないかな?

次。
おかげさまで今まで1年半ほどプロとしてプレイさせてもらってる身として、はなはだ偉そうに聞こえるかもしれないけど、あえて一言。
「どんなスポーツでも、プロである以上プレイヤーとファンの距離が近すぎて良いことはない」
ということ。
野球やサッカーのような大きなマーケットのスポーツならともかく、バスケみたいなプロという概念が始まったばかりのようなスポーツでは、特にそれが当てはまるかもしれないね。

「なんで距離が近いことがいけないのか?」
と思う人は多いかもしれない。
けど、それはプロでやっていく上でプレイヤー側、ファン側双方が引かなきゃいけない線だと思ってる。
俺がここではっきりと言いたいのは一つ。
「プレイヤーはプレイヤーであって、あなたの友達の1人ではない」ということ。
こう書くと色々意見が飛び交いそうだけど、まあ聞いて欲しい。

こういったブログやコトパラ、ゲーム会場や練習会場で自分が応援しているプレイヤーと直に触れられること…それは応援する側からしてみれば、ものすごい貴重な経験で、心躍るようなものかもしれない。
俺自身も、好きな中田選手(サッカーね)のHPにコメント残したことあるしね。
応援してるヤクルトスワローズやFC東京の選手と、ゲーム以外の所でも触れ合える…かなりテンションが上がるのは確か(笑)。

けど、彼らは自分の友達じゃない。
あくまでも応援してるプレイヤーなんだ、ということを忘れないで欲しい。

少し俺の話をしようかな。
これは俺自身がやっていることで、他の誰かに強制するようなものじゃない。
プロでやってる以上、俺は出来るだけ多くのファンと触れ合いたいし、機会があれば出来るだけのサービスをしたいと思ってる。
それが応援してくれた人達への恩返しだと思うしね。
こうしてブログという形で自分なりの言葉を発信することで、会場に来られなかったファンの方ともなるべく交流出来るようにしたいとも思ってる。

けど、一歩そこから離れればファンの方達の知らない「武井修志」としての生活がある。
それは普通に暮らしてる、24歳の青年。
そこにまで足を踏み入れるようなことは、しないで欲しいと思う。
町で会ったら挨拶する、これは当たり前よね。
けど、ファンの人と遊びに行ったりするつもりは無いし、一緒に食事をしようとも思わない。
プロとして見られている意識はある、けど生活の中にファンが入ってくるということは決してない。

ちょっと伝わりにくいかな?
つまり、
「応援する=どこまでも足を踏み込める」
ことにはならないってこと。
ブログや日記にコメントを残してもらう、それは物凄くありがたいこと。
それを否定するワケでは決してないし、是非多くの人にコメントを残して欲しいと思ってる。
けど、あたかも自分の友達であるかのように頻繁にメッセージを送ったり、毎度毎度コメントの場で振る舞うのは、俺はどうかと思う。
そこの線引きっていうのはすごい難しいところで、人によって随分価値観が異なると思う。
けど、少なくとも人と人との間の距離感・間合いっていうのは大事にして欲しいと思うよ。

そして一番伝えたいこと。
それは、
「自分達の意思で応援しているということ」。
コトパラのコミュニティが閉鎖したから、チームの成績が振るわないから、自分の気に入らないことが起きたから…応援しなくなった人には色々な理由があると思う。
けど、理由はどうあれ「もう応援しない」という決断を下したのはあなた自身だということ。
色んなことがあるけどまだ応援していこう、そう思うのもあなた自身の意思だということ。
応援したければすれば良いし、したくなければしなければ良い。
けど、その理由を他の何かのせいにして欲しくはない。
それぞれの決断だということを自覚して欲しい。

こんなこと書くと一気に応援してくれる人減りそうだけどね…(苦笑)。
応援してもらうのはホント有り難い、けどそれが行き過ぎるとされる側にとっては負担になっちゃうこともあるってことを心に留めておいて欲しい。
相手は好意でやってくれているだけに断り辛いし、そういう時は思った以上にエネルギーを使うもの。
毎度毎度自問自答しろとは言わない、けど、
「果たしてこれは行き過ぎてないか?」
たまにはそういう風に考えることがあっても良いと思うよ。
「プロは手の届かない所にいるくらいがちょうど良い」
それを分かってくれる日が、きっと来るはず。

…何だかまとまりのない文章ですなあ(笑)。
ホントこの回が一番気を遣うね、ファンを傷つけるつもりは全くないけど、一言言いたい気持ちはある。
おかげで言いたいこと言えてるのかも分かんないし(笑)。
でも、忘れないで欲しいのは、俺は応援してくれる人達を本当に有り難く思ってる。
そして本当の愛情っていうのはなんでもかんでも受け入れることじゃなく、あえて苦言を呈することが出来るものだと思ってる。
…まあ今日読んだ本に書いてあったんだけどね(苦笑)。
なんだか反応が気になるけど、何でも思ったことをコメントして下さい!
誠心誠意コメントお返ししますので☆

つーワケで明日が最後、「プレイヤー編」!
ではでは☆

One,
1ST

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タケさんのブログ

そういえばリンクしてなかったな。。。(^-^;グラブースターに是非是非是非読んで欲しい事が書かれてます。彼も考えてくれてますね@いろいろタケさんのブログ@魚歌水心

  • From: ほぼ、ばすけな茶の間 |
  • 2007/06/06(水) 10:33:24

この記事に対するコメント

風呂上りに読んでて唸ってしまいましたー(笑)
赤ペンでアンダーライン引きたいトコもあったし!
いや、いいじゃないですか~~!!!いいですよ。
読ませたい人、読んで欲しい人がい~っぱいいますね。
次も頑張って書いてね!(^-^;

※大学バスケは関東に関しては今年はホントにワクワク♪
一度見に行かねば!!!リーグ戦まで待てないっ

  • 投稿者: ゆりゆり
  • 2007/06/06(水) 00:18:23
  • [編集]

こんにちは。
タケさん、よくぞ書いてくれました!さすがです!
簡単に言えば「カリスマ性」ってやつでしょうか。(ちがうかな?)
たしかに憧れの人(プロスポーツ選手や芸能人等)は、偶然どこかで会えたらいいな~、くらいがちょうどいいですよね。近所のお兄さんじゃないですからね。僕もそのつもりで選手達を見てます。
やっぱり「プロの選手」ってすごい存在ですからね。
会いたければ、試合を観にいく!イベントに行く!
そして、ストーカーみたいなことをしない!
これでいいですよね!

  • 投稿者: 三月~
  • 2007/06/06(水) 00:24:15
  • [編集]

こんばんは。最終戦からのにわかブースターです。
グラを知ってからあっという間にシーズンが終わってしまい、この興奮をどうしたらいいのかと思ってるところへ、いろんなゴタゴタがあるので、面くらいつつも見守ってます。
「ファンとの距離が近すぎる」というのは確かにそうなのかもしれませんね。
なにしろ富山在住の身にとって「憧れ」の選手が地元に住んでるという状態は初めての経験なので。
実際に初めて練習見学にいったときは、普通に目の前に選手がいてサインや写真撮影に応じてくれることに逆にびっくりしました。「ホントにいいの?」と・・・。
「プロは手の届かない所にいるくらいがちょうど良い」のは私もそうだと思います。プレイヤーは「そこらへんのお兄さん」ではなく「スター」であって欲しいです。
選手も無防備な感じがしていたので、会社の方である程度マネジメントをつけて管理するのも必要かなとも思ったりします。

  • 投稿者: ミユ
  • 2007/06/06(水) 00:35:03
  • [編集]

感無量です。よくぞ言ってくれました。
そうか、グラの現状の、「何かがおかしい状態」って、
「他者への感謝」が足りないからかもしれませんね。

  • 投稿者: 総裁
  • 2007/06/06(水) 01:07:47
  • [編集]

まさしくその通りだと思います!
適度な距離感は何をやっていても必要です。
「誰かのせい」「誰が悪い」の前に、「自分はどうだったか」を考えて欲しいと思います。
だいたい、本当の友達なら、いろいろと気をつけてますからね。

  • 投稿者: ちゃき
  • 2007/06/06(水) 04:35:11
  • [編集]

富山では初のプロスポーツチームと言うこともあり、応戦する人たち(ブースター)は常に手探り状態でした。(今も)
応援も、観戦も、プレイヤーや運営者との接し方も、そんなマナー(というか常識?)は分からないのです。ミユさんの言うとおり、私も初めは「こんなに選手との距離が近くてもいいのか!」と思いました。こんなに気軽にサインがもらえること自体、驚きだったんです。こういった状況もブースターを麻痺させてしまった原因のひとつだったのかもしれませんね。ま、サービスとの兼ね合いで難しいところですが。。。

最近思うにはブースターもプロチームとの関わり方を学び、プレイヤーもプロとしての自覚とブースターとの関わり方(タケさんは合格(^o^)☆笑)を学んだ方がよいと思っています。これを運営者はうまくマネジメントできれば良いのでは。。。と思ったり。

タケさんからのご指摘であった運営者、プレイヤー、ブースターの3者がどれひとつ欠けても成り立たないということを私自身わすれていたような気がします。感謝の気持ちも。。。もう一度、自らに問いたいと思います。長くなってすみません。m(_ _)m

タケさん、ありがとう。(^o^)♪

  • 投稿者: とことん
  • 2007/06/06(水) 08:52:48
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2007/06/06(水) 09:52:32
  • [編集]

とても今時の子(私の中では24歳は今時の子)とは思えないしっかりとした意見で驚きです。

初めてということもありブースター・選手にも限度がわからなかったのでしょう。
どっちもどっちですけどね。運営側もブースターと選手との距離が近いのを黙認し、ブースターも友達感覚で・・、選手もプロ意識にかけていたと思います。
富山グラウジーズの選手という時は別にサインや写真をねだっても構わないと思いますが、それ以外は駄目でしょう。
メール(応援コメント)は構わないと思いますよ、でも食事とか個人的なお誘いは・・・(ーー;)しかし、行く、行かないは選手の意思ですからね。
コトパラ閉鎖はブースターのせいだけではないですね。私も最初は運営側に文句を言ってましたけど、それは半分(半分かい!?というツッコミはしないで)違うと思いはじめました。

v-17

  • 投稿者: ちゃちゃ
  • 2007/06/06(水) 10:45:31
  • [編集]

初コメです。

ブースターは「地域密着」を、選手は「ファンサービス」を間違って捉えてはいけないですね。
メールが来たらものすごくびっくりすると同時に、分っていても勘違いします。
あなただけにこっそり教えます、これはもっと勘違い。

イベントがあるときに、思う存分触れ合えばいいです。
そのためにもイベント増やして欲しいんですけどね・・・・。
イベントがないからそういうことをする人が出てくるんです・・・。あってもか?
他のブースター、他の選手、他のチームからみても、けじめがないと思われても仕方ないです。

あとブースターは不安に思っていること、これも分って欲しいです。
現場へ行けば一生懸命やっていらっしゃる姿は拝見しますけど
接する機会がないと伝わりません。もやもやだけが募って。
もうちょっとうまく伝えて欲しいなと思います。
選手だけじゃなくてスタッフの声も聞きたいなぁ。
閉鎖の理由も新会社になるからとか理由にしておけばこんなにしこりを残さずに済んだと思います。
チーム、ブースター、選手になんか溝が出来た感じです。しばらく頭を冷やします。
気持ちを切り替えて来シーズンを迎えたいです。

ブースターへももう少し頼って欲しい。
動員増にいろいろ企画がありましたが、ただ券もらっても行かない人は行かない。
最終戦にどうしてあんなに人が集まったか・・・。一人一人の力だと思います。

やっぱり選手は手の届かないところにいて欲しいです。
がっかりするような日記とかは見たくありません。
コトパラに合わせているんだろうケド・・・。
”生まれ変わり”に期待☆

タケさんの日記はとても「愛」が感じられました。
ここで発言するのはとても勇気がいることだったと思いますが、書いてくれてありがとうございます。
沢山の人に読んでもらいたいなぁ。
相当の覚悟の上書いているんだから、コメントする人も非公開にせずに堂々とコメントしましょうよ。

次は選手編?気になるぅ。

今年の目標は、優勝なのか、PO進出なのか、最下位にならないことか、チームの存続か・・・。
チーム・ブースターがひとつになれる目標を決めてほしいです。
優勝します!って言っている選手もいれば、PO進出!と言っている人もいます。
まずはそこからかなぁ。

仲が良いのとチームワークもまた別な気がしますし・・・。
ほどよい緊張感がもう少し欲しい感じです。

  • 投稿者: まゆ
  • 2007/06/06(水) 12:21:40
  • [編集]

ブースター編を読みました。

『選手とブースターの距離』

このことについて考えさせられました。
普段でも人と話す時は「心地よい距離」があるように、選手とブースターの間にも「適度な距離」がある。それって常識で考えれば解る事なのに、初めてできたプロチーム・地元のチームということで、ちょっと舞い上がってしまったり履き違えてしまった部分もあったのかな、と。

ブースターにも色々なタイプがいると思うんです。
バスケ大好きで試合を観るのが楽しい!
選手の凄いプレーをたい!
あの選手カッコいい!(ルックスが)
大声出して皆で応援するのが楽しい!
好きな選手に自分の事(存在)を知って欲しい!

もっともっとあると思います。どれもイイと思います。それぞれの楽しみ方があるんですから。
ただ、楽しむ時あまりにも自分勝手になってしまってはいけない。
もっと知りたい、もっと近づきたい、もっと、もっと・・・。
そうブースターが思ってしまったのは選手との距離が近かったからだと思うんです。
タケさんはプライベートでは1人の青年なんだから、常識を持って接してほしいと書かれていましたが、公の場でもそれは必要だと思います。
例えば試合会場ならいつでも声かけていいという事ではなく、選手が試合に向けて集中している時は静かに見守るというのも違う形の応援だと思いますし。(違いますかね?)

ブースターは応援しているつもりでも選手にとっては「ありがた迷惑」となっていたらお互いが悲しい事ですから、これからは「独りよがりになっていないか?」と気をつけたいと思います。

一箇所解らなかった部分があるのですが、「あたかも友達であるかのように」というのは頻繁にメッセージを送る事ですか?言葉遣いの事ですか?言葉遣いではなくメッセージの回数を言っておられるのなら、それは・・・ちょっと違うんじゃないでしょうか?それだけ伝えたい事があるからなのでは?(内容にもよりますけど・・・)

今回タケさんが「言いにくい事だけど言わなければ変わらない!」と言ってくださった事で考え・行動するブースターが増え、少しでもお互いがいい環境になることを願います。
上手くまとめられずに長くなってしまいました。m(_ _)m
明日も楽しみにしてます★

  • 投稿者: まっど
  • 2007/06/06(水) 12:32:49
  • [編集]

タケさんありがとう。

このブログ、ブースターの教科書にしたいかもo(≧∇≦o)

  • 投稿者: スヌーピー
  • 2007/06/06(水) 13:24:37
  • [編集]

タケさんありがとう!私ちょっとオーバーランしてたかもしれない。
私が「近くて遠い」と思ってた距離と選手からの距離は同じじゃなかったかもしれないです。
さすがにストーカーまがいのことはしてないですけどね。
ただ、自分が「それは良くない」と言われている方のブースターにあてはまってるつもりは無いのですけど、なんか責められてる気になってしまったのはなぜだろう?
何度もタケさんの意見を読み返して、考えた上でタケさんに聞いてもらいたい事を書きます。

世の中にはプロと呼ばれる人(名前と顔が世の中に知れてるいわゆる有名人も含め)って沢山いますが、対ファンへのスタンスについての考え方はそのすべての人に同じ意識ではないですよね?「僕は特別じゃない普通の人間だから、いろんな人と普通に生きています」って人もいるし、「芸名」を完璧に演じて私生活は全く見せないって人ももちろんいるし。
タケさんのスタンスは当然のことだと思います。そのタケさんを応援する(気にかける)人は、もちろんそれを尊重するべきだと思います。
ただ、自分が守っていると思ってるのとタケさんが守ってくれと思っているところには少なからず誤差みたいなのが生まれると思うので、そこはタケさんから「NO」の信号を送ってもらわないと解らないし、故意ではない行動(私はちょくちょくコメント入れてる方だと思うので)がタケさんに負担になっていたら、それを謝る(正す)機会が欲しいです。
幸い私は今回の話題でその機会をもらえたと勝手に思っています。これも勘違いだったらごめんなさいね。

それから、応援するってなんだろう?というのも改めて考えてみました。
「強いから」「有名だから」「話題だから」ってその人の試合を見にいったりする人(ハンカチ&ハニカミ王子現象)もいる。

「弱かろうが」「無名だろうが」その人の試合を見に行く人も居る。

さらには何かしてあげたいと差し入れをしたりアドバイスしたり苦言を言ったりする人もいる。

その人(プロと言われる人)にとってどれが悪くてどれが良い「応援」でしょう?試合を見るのが応援なのか?
こうやってコミュニケーションを取る場があって、タケさんの日記読んだり、ささいな報告したりするのは応援じゃないのか?
「プロ選手に対する応援ってなんだ?」「ファンってなんだ?」
確かに同じファンといっても自分と違うスタンスの人に会うと「何それ?」とか思う事もある。
そんな時は「臨機応変」「反面教師」と自分の中で対応するしかないのかなと。

「おかげさま」という気持ちが大事と思っている私なので、タケさんのおっしゃる通り「応援してやってる」という思いは決して良くないと思います。
さらに「自分の頑張りやプレーを応援してもらっている」という応援される側の気持ちも大切。(正にタケさんの言う「その3つがあって初めて成り立つ…」の部分です)

「生活の中にファンが入って…」のくだりで、線引きが難しいなぁと思いました。
友達ではないから一緒に遊びに行かない。当然です。その線引きはわかります。
ただ、少し気に留めておいて欲しいのは「ファンの中には舞い上がる人もいる」という事。
冷静な時はそうじゃないのに、実際本人を目の前にしたり、話す機会があったりすると、「自分はちょっと特別か?」とちょっぴり錯覚する人もいる。
中にはそれを自慢したくなる人もいるということ。「私はそうじゃないよ」といいたいけど、実際はどうなるか…。

で、結論はなんなんだろ?わかんなくなっちゃった。
「機会があるなら、こうやって自分の思いや他の人の意見を交換できる場に参加していたいな」というところかな?
だからタケさんのこのページにまた顔出しますね。とんちんかんな事言ってたら注意してください。誤解なく言いたい事伝わってるといいんですが。
あ、第3回も読むの楽しみにしてます。
ものすごく長くなった挙句、言い足りてない気もするなぁ。

  • 投稿者: ぢろう
  • 2007/06/06(水) 15:25:52
  • [編集]

対ファンへのスタンス
これは、選手統一してもらわないと困るような気がするのは私だけでしょうか?ブースターだけじゃなく、選手も、他の選手の行動について?と思っているかもしれません。人気の選手だからとか、若いから、あの人ならOKとかは無しです。ブースターにとっては選手は選手、みな同じです。
↑えっとこれは、選手同士で話し合ってください!

差し入れに関しては、すっごくしたい気持ちがありますが、我慢しています。
食事制限されている人だっていますし、甘いものニガテな選手もいます。
気を使って食べるのを強要しているようで・・。
もしおなか壊されても責任取れませんしね。
チームとしてはどうなのか?
練習見学のページに書いて欲しいところです。歓迎なのか困るのか。

時々差し入れされる方は、お願いされてしているそうなので、そこのところ他のファンの人は真似されませんように・・・。

  • 投稿者: まゆ
  • 2007/06/06(水) 15:55:58
  • [編集]

いろいろと、考えましたが・・・
結局は、選手もブースターも、一人の大人として、責任を持って行動するよう、心がければいいのでは・・・と。

ブースターの方々でも、選手に対しての求め方がそれぞれ違うと思います。
プレイスタイルが好きな人、人柄が好きな人、バスケに対する考え方が好きな人、取り組む姿勢が好きな人、ルックスが好きな人などなど・・・それに、バスケットプレイヤーとして尊敬する人、プロの選手として尊敬する人、人生の先輩として尊敬する人、アイドルのように憧れる人、などなど・・・。さまざまだと思います。

選手の方々も、「プロの選手とは?」という考え方がそれぞれ違うと思うので、線の引き方は、さまざまだと思います。
できるだけブースターの思いに答えようと思っている人や、サインや写真などをできるだけ応じたいと思ってくれている人、試合会場やイベント会場と外の区別をきちんとつけている人や、シーズン中とシーズンオフをきちんと分けている人などなど・・・。それに、バスケを広めようと思っている人や、未来のバスケプレイヤーを育てようと思っている人、富山をバスケ熱で熱くさせようと思っている人、選手自身、自分の目標のために頑張っている人や、bjを自分のステップアップのためと思っている人などなど・・・考え方もそれぞれ違っていると思います。

なので、なかなか、一つに決めるのは難しいとは思いますが、もし、選手の人が迷惑だと思う要求があったら、それははっきりと拒否していいと思います。
ブースターは、チームのことも選手のことも、応援しているからブースターなのであって、もし拒否されることがあったとしても、それはきちんと受け入れれるのでは??また、ブースターは、きちんと受け入れなきゃいけないことだと思います。(ブースターだったら、拒否されたからって選手を恨んだり、応援しなくなったりするということはないはずです。)
そういうやり取りの中で、お互いがほどよい距離感を築いていけるのではと思います。

ブースターのコミュニティーサイトが閉鎖の件では、「選手に近すぎるから」という、バッさんの日記でしか語られておらず、実際にどんな問題があったのか、何に問題があったのか、選手はどのような気持ちだったのかなど、私にはわかりません。
なので、どうしたらいいのかは、はっきりとは答えれませんが、これからも応援していきながら、チームと選手とブースターとがコミュニケーションをうまくとりながら、一人一人が考えて行動し、距離感をつかんでいけばいいのかな~と、思いました。
私もブースターとして、考えながら行動していかなきゃと、改めて思いました。

  • 投稿者: まめぴよ
  • 2007/06/06(水) 18:45:18
  • [編集]

長々と書いた後にすみません。
余談なので、よかったら聞いてください。

大阪のチームが富山に来たときのこと。
大阪の選手がバスから降りて、ちょうど体育館の中に入ってきました。近くにいたブースターさんが選手に握手を求めました。外人の選手(名前がわからなくてすみません)は快く握手に応じてくれましたが、城宝選手は、両手に荷物を持っているから、というジェスチャーをして、そのまま握手に応じず、ブースターさんの前を通りすぎていきました。

私はそれを見て、選手一人一人、ブースターに対するスタンスの取り方が違うんだな~と、実感しました。
城宝選手に対しても、それが彼の考え方なら、それはそれで、別にいいんじゃないかな~と。

夫が海外旅行に行った時のこと、松井カズオ選手に偶然会ったとき、近くにいる人が握手とサインを求めました。すると、プライベートなので握手はOKだけど、写真はダメだと言われました。
で、それを聞いて、プロとしてきちんと自分で考えて、線を引いておられるんだな~と思いました。

どちらも、ブースターやファンは、断られても、ガッカリはするかもしれないけど、嫌な気持ちにはならなかったと思います。それは、それぞれの選手が自分の考えの下、線引きをしているから。

ブースターも、あまりにも無理な要求は自分からしてはいけないとは思いますが、先ほども言ったように、お互いがうまくコミュニケーションをとりながら学んでいけれたら~と、思います。

  • 投稿者: まめぴよ
  • 2007/06/06(水) 19:20:54
  • [編集]

まめぴよさんの話とても参考になりました。

グラの選手はみんな気さくに写真に応じてくださいます。
試合などなら良いですけど、おかしな写真を撮ってそれをネットに載せるのは、選手は嫌だと思います。
何でも応じていたらきりが無いですからね。

  • 投稿者: まゆ
  • 2007/06/06(水) 19:34:43
  • [編集]

ブログで選手の日常や考え方を知る事が出来て
友達リンクしてたまには足跡があったりコメントがあったり

選手を知る事で友達、知り合い感覚になって
気持ちがエスカレートした方も多いんでしょうね

ここでタケサンや、コメント書いた人の文を見れた人は
ブースターも選手との関わりを見直さなければいけない
と思えたと思いますが
見てなかったら気付けないままかも知れないですよね

ブースター、選手、運営側
様々な立場があるけど、皆考え方や性格が違うのは当然の事だと思いますが

私は、昨日のコメントに書いた様にルールが必要なんじゃないかな?
個性は大切だけど基本的ルールの上に存在する物だと思っています

学校では校則
会社では社内方針、社内ルールってありますよね?

考え方は違っても、その場所では守らなくちゃいけない事、ブースター、選手、運営側それぞれ今一度決めれたらいいですよね

選手の方もブースターとの関わり、イチ選手としての目標
考え方は違うと思いますがチームの方針を決めて

例えば、ブースターとは個人的に遊びに行かないとか
今年の目標は「優勝」

個人の目標は違っても
チームとしての目標を立てて皆がそれに向き合わないといつまでも纏まりは生まれないと思います

そしてチーム練習をもっと早く再開するとか

私はバスケットは全くの素人ですが、グラの試合ではチームプレーが全く感じられません

パス出した所に味方がいない

ある時期の中田英寿サンみたいな話ですけど

どこへパス出そうとしているか、どこへパスすればいいか
チーム練習を重ねたら解るようになってこないですか?

素人目ですみません

私は漫画の「スラムダンク」での知識しかないので
チームワークが大切だなと思っちゃってるんです

安西先生の言葉で
「お前の為にチームがあるんじゃない
チームの為にお前がいるんだ」

個人がどんなに上手でも
個人プレーだけじゃどこのチーム行っても一緒ですよね


今回も長文、駄文失礼しましたm(__)m

昨日私は自分のハンネを「マルボロ」で送信したんですが
「涙」に変換?されてました(^_^;)
今回も「マルボロ」で送信しますが「涙」になるかもしれませんね
変なハンネですみません↓

  • 投稿者: ?涙
  • 2007/06/06(水) 21:38:38
  • [編集]

選手が引く線、心有るブースターが引く線。
それ以前の「常識」という名の線。
この常識という線すら意識せず、
軽々と踏み越える一部ブースター。
選手という立場の「弱さ」にかこつけて、
好き勝手やっている状況・・・
許しがたいです。

  • 投稿者: 総裁
  • 2007/06/06(水) 22:04:47
  • [編集]

こんばんは!私はただ、純粋にバスケを楽しみたいだけです。
たまたま応援しているチームが違うだけのことですね。
リンクのある、ないは別として、私はプロのプレイを見ることによって、元気をもらえる。

私も、Dr.の許可が出たらバスケをもう一度したいので、プレイを見ておきたい。

イベントのときは、選手との距離が近くなるのは、それはそれでうれしいと思います。
ただ、街中であったときは社会人として良識のある行動をすればいいだけのことです。

  • 投稿者: -
  • 2007/06/06(水) 22:19:51
  • [編集]

共感

この意見に物凄く同感です。
プロとファンを分けないと切りがないと思いますよ。
プライベートで身近にいる人物なら別にという感じなのでしょう。これは、誰もがそういう職業柄の方なら思う事だと思います。
あくまでも自然体な出会いでという事だと僕はこの意見を聞いて、思います。

  • 投稿者: ベンチウォーマー
  • 2007/06/06(水) 23:47:19
  • [編集]

『ブースター編』読ませていただきました。

「応援される側の立場」の意見ってなかなか聞けないじゃないですか。今回、こうして一人のプレイヤーとしての意見を聞けたことは、とっても貴重に感じます。

勿論、武井サンのおっしゃられる通り、選手とファンに境界線は必要かもしれません。
でも、その区切りの値はそれぞれ違うと思うんです。

スタンスを決めれば良いというコメントもありましたが・・・

例えば、Aというファンは、プレイに関して思うことを率直に言ってくれる。
Bというファンは、おもしろおかしくただ関わりたいだけに応援し騒ぐ。
武井サンなら、同じスタンスで接することできますか?

もしかしたら不穏な空気はブースターが発信してしまっているところがあるのかもしれませんね。

私は、富山の地に「プロ」チームができた事に対して、本当に嬉しいと思っているし、選手ひとりひとりを商品化したような感じじゃなくて、人間としてこれからも応援していきたいと思います。

今回もまとまりの無い文、失礼しました。

  • 投稿者: 伊右衛門
  • 2007/06/07(木) 01:02:36
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2007/06/07(木) 01:05:59
  • [編集]

>ゆりゆりさん
ありがとうございます!
自分ではまだまだ言葉足らずで、故に誤解されてしまうようなところもあるかもしれないんですが…まあ少しは読めるものになったんじゃないかと思ってます。
後は皆さんにどう届くかですね!
今年の関東はホント面白いですよ、是非一度足を運んでみて下さいね☆

>三月~さん
ありがとうございます。
「カリスマ性」というよりは、「職業の持つカリスマ性」ですかね?
人間って単純なもんで、結局無いものねだりをしてしまうものだと思います。
目の前に欲しいものがあったら尚更です。
でもそこで一旦考えられるから人間なんですよね。
「常識」、「モラル」、そんな言葉だけで片付けられるものではないですけど、是非一度考えて欲しいと思いますよ☆

>ミユさん
応援してくれる人ににわかなんて無いですよ!
でも応援した途端に今回のような騒ぎが立て続けに起きれば、面食らうのも無理ないかもしれませんね(苦笑)。
「ファンとの距離が近い」、これは人気のあるチームには必要な要素だと思います。
けど、それは互いが互いを思いやった上でのことですよね。
これからそういったものが富山に作られていけば良いと思います☆

>総裁さん
ありがとうございます☆
他者への感謝…確かにそうかもしれませんね。
何をするにしても相手の立場に立って考えること、これが出来ればこんな問題は起きようがないと思います。
…そんなの小さい頃に何度も言われたはずなんですけどね(苦笑)。

>ちゃきさん
ありがとうございます!
そうですね、今回の件に関してはどこか「私が、私が」というエゴをそこかしこで感じます。
簡単なことだけに、どこかで見落としてしまっていたのかもしれませんよね。

>とことんさん
応援する側、される側、それを統括する側…立場はそれぞれ違いますが、全てに共通していえること。
それは、みんな人間がやっているということです。
今までにないものであったとしても、それは人間と人間との繋がりで出来ているものです。
そうである以上、人間同士に必要な思慮分別がもう少しあっても良かったんじゃないかと今更ながら思います。
僕達は決して子供ではないですからね。

>ちゃちゃさん
伊達に修羅場をくぐってきてませんからね(笑)。
そうですね、誰かが一方的に悪いというのではなく、ほぼ誰もがどこかで軽率だったんだと思います。
明確な基準がない分、各自の裁量に任される…それが裏目に出てしまった感じですよね。
メールや応援コメントは良いことだと思います。
内容や頻度にもよると思いますけどね…あまりにプライベートであったり、あまりに頻繁すぎるのは人として配慮が欠ける点もあると思います。
今回の騒動がきっかけで富山が良くなるのであれば、それはそれで良いと思いますよ。
「良薬、口に苦し」と言いますからね☆

>まゆさん
そうですね、寂しい言い方かもしれませんがプレイヤーがしたサービス(という言い方は好きじゃないですが)は、誰にでもやっていることなんだと思ってもらえると分かりやすいと思います。
そう言い切れるようプレイヤーがしっかり自己規制しなきゃいけないんですけどね。
イベントの数自体はそこまで他のチームと大差ないと思いますよ。
でも毎回の充実度をもっと上げられれば来てくれる人ももっと満足するはずですからね、そこは簡単に変えられるところだと思います☆
「自分達のことをもっとわかって欲しい」、それは運営側、応援する側、される側、どれもがどこかしらで感じていることだと思います。
「分かってもらえないから不満」という風に流れてしまいがちな時だからこそ、まず「相手の事をわかろうとする」ことがこれからは大事になってくると思いますね。

>まっどさん
そうですね、応援する側される側、どちらも人間です。
立場の違いに関わらず、人としての思慮分別は少なからずあると思いますし、なければいけないと思います。
応援する側が「もっと、もっと…」と思う気持ちは分かりますが、だからこそブレーキをかける気持ちを忘れないで欲しいと思いますよ。
ブレーキのない電車はもう暴走するだけですから。
各々の応援スタイルを楽しみながら、節度を持って頂ければ、と思いますね☆
メッセージに関しては、頻度、内容共にですね。
あまりにプライベートな内容であったり、頻度が多すぎるというのはどうかと思います。
これからも何かしらのアクションは続けていければと思いますよ、そうすることで変わっていくことってありますからね☆

>スヌーピーさん
ありがとうございます!
そうですね、何かしらのメッセージを伝えられればと思いますよ☆

>ぢろうさん
そうですね、明確な基準がない分その裁量が各々に任されてしまう現状は、出来るだけ早く変えていきたいですね。
応援してもらう側が出すサインも大事…確かにそうかもしれないですね。
お互い変な誤解がきっかけでぎくしゃくした関係にはしたくないですからね。
だからこそ最初は慎重すぎるくらい慎重になる必要があると思います。
線を飛び越えてから戻るのと、少しずつその線に近づくのではワケが違いますからね。
応援に関しては人それぞれの範疇で良いと思います。
結局自分が満足出来るやり方がその人には一番合ったものですからね。
ですが、何度も言うようですが「やりたいことは全部やっていいワケではない」ということを心に留めておいて欲しいと思います…特にそれが自分以外の人と関わる場合には。
お互いがお互いを尊重し合えれば、そもそもこんな問題起きませんからね。

>まゆさん
対ファンへのスタンス…最低限のラインを共通認識として持つことは出来ると思いますが、統一するのは難しいと思います。
僕個人の意見としては、必要ないように感じますね。
というより、そんなことまで言われなきゃならないほど自分は節操ないと思われてるのかと、不愉快になると思います(苦笑)。
誰もが忘れてること、それは僕らがもう子供じゃないということです。
いっぱしの大人であれば、他者と、特によく知らない人と触れ合う上で守るべきルールっていうのは分かっていて当然です。
それが出来ていない現状は…僕にとってはすごい頭を悩ませると共に、人として恥ずかしいとすら思いますね。
差し入れはして頂けるのは非常にありがたいのですが、気持ちだけでというのが僕個人の考えですね。
「あの人がしてたから私も…」というようなことが起きることもありますから、未然に防ぐ意味でも最初にお断りしておく方が、余計な問題を増やさずに済むと思いますよ。

>まめぴよさん
そうなんですよ、責任ある1人の大人として各人が行動すればこういった問題っていうのは未然に防げるんですよ。
その上で各人のスタイルっていうのは考慮に入れられるべきものだと思います。
それが出来ているとは言えない現状ではなかなか難しいんですけどね…でも今回がきっかけでそういったところに心を傾ける人が増えてくれれば、と思いますよ☆
そういう意味ではこれからが本番ですよね!
余談?のくだりも興味深く読ませて頂きました、こういう所からも何か吸収していきたいですよね。

>マルボロさん
コトパラのシステム自体は、ファンと選手の距離を近づけるという意味では素晴らしいものだったと思います。
ですが、それを上手く使いこなせなかったのもまた富山の事実です。
そこから何を学ぶのか?
起きたことをどうこうすることは出来ません。
そこにエネルギーを注ぐよりも、変えられる今後をどうにかしようとするのが正しいアプローチだと思います☆
何かしらのルール…個人的にはビミョーですね(苦笑)。
ですがその人間の間の基本的なルールを遵守出来ない状況が続くようであれば、それもやむなしですね。
チームとしてのまとまり、目標はそれとはまた違うものなので組織外の僕にはあずかり知らぬことですが…さすがに同じ轍は踏まないんじゃないですかねぇ?
これで同じ結果だったら、今以上に弾劾されるでしょうし。
なるようになると思いますよ(苦笑)。

>総裁さん
そうですね…なんだかここまでくると、ファンであるとかプレイヤーであるとかの前に、人として成長しなければ、というのを痛感しますね。
各自の立場で言いたい事言い合うだけではただの水掛け論にしかなりませんからね。

>名無しさん
そうですよね、そうなんですよ。
誰もが人として恥じない行動を取ってればこういった問題は起きないんですよね。
そういってくれる方がいるのは非常にありがたいことです☆

>ベンチウォーマーさん
ありがとうございます。
「自分が相手だったらどう思うのか?」
そういった基本的な位置に立ち返って物を見るのが、一番の解決策なのかもしれませんね。

>伊右衛門さん
そうですね、出来る立場の人間が言うことで、何か一石投じることが出来たのではないかと思います。
例えのお話ですが、「ファン」というくくりにおいてAの方もBの方も同じ態度で接しているつもりですよ。
あまり必要以上に他人に干渉するタイプではないですし、プレイヤーとファンという関係である以上、それが妥当な付き合い方だと思いますからね。
そうですね、富山にプロチームが出来た時の事を是非思い出してもらえたらと思います。
その頃の自分達と今の自分達とでは何が違うのか?
もしかしたらそこに何か大事なものが隠れてるのかもしれませんね。

  • 投稿者: 1ST
  • 2007/06/07(木) 11:53:32
  • [編集]

一言追記

すいません追伸です。
ファンとプロプレイヤーの方々は、非日常的な出会いですからね。
例えば普通に友達がプロバスケットリーグにいるやら先輩がプロバスケットリーグのプレイヤーだとかなら立場は、違うと思いますけどね。

高校時代の先輩の知り合いに野球選手がいるのと似た立場ですね。

  • 投稿者: ベンチウォーマー
  • 2007/06/07(木) 17:48:13
  • [編集]

こちらに書き込むのははじめてです。
感慨深くよませていただきました。
ブースターも選手も、お互いが線引きをすべきだと思います。
ただ、その線引きも選手によってさまざまだなと感じてます。

“近すぎてよいことはない”←ほんとにそう思います。
私も好きなスポーツ選手が何人かいますが、憧れているし交流できるなんて、とてもうれしいことですが、あまり安くなってほしくないんです。手がなかなか届かないスターのままでいてほしいんです。
私にとってあこがれとはそういうものです。

なんか何がいいたいかうまくつたえれませんけど・・・すみません。

  • 投稿者: ナオミ
  • 2007/06/08(金) 00:09:27
  • [編集]

初コメントです。

私も読まさせてもらって、色々考えてしまいました。

適度な距離感・緊張感というのはどの関係においても、少しは必要なのかなと感じます。

せっかくの応援が、逆効果になることはファンも望んではいないでしょうし、時間が経てばきっと気付くと思います。

ただ、起きてしまったことは仕方ないので、今後どうすれば適度な距離感を保てるのかを一人一人が前向きに考えられるといいですね。

  • 投稿者: Aco
  • 2007/06/08(金) 20:58:31
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2007/06/08(金) 21:48:39
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2007/06/08(金) 22:18:30
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2007/06/08(金) 22:44:22
  • [編集]

>ベンチウォーマーさん
そうですね、それと似た感じかもしれません。
僕は今でも大学の練習に混ざってやる日が多いんですが、彼らにとっては「プロ」というよりも「一OB」ですからね。
でもそうであるからこそ伝えられることもあると思うんです。
それでお互い刺激を与え合えれば、言うことなしですよね☆

>ナオミさん
お久し振りです(笑)。
そうですね、僕もほぼ似た意見です。
友達感覚では味わえないものをそういった人達に求めるワケですからね、そこがごっちゃになっちゃったら元も子も無いってなもんです。
そういう意味では、スポーツを文化として根付かせるって簡単じゃないですよね…ま、だから面白いんですけどね☆

>Acoさん
そうですね、まず「人と人」としての関係を大事にすべきだと思います。
そして最後の一文、正にその通りです!
〆に使おうと思ってたんですけどね(笑)。
変えられない過去を変えようとするのはものすごく無意味なことです。
そこにエネルギーを注ぐよりも、変えられる未来を変える努力をしていきたいですよね!
ありがとうございます☆

  • 投稿者: 1ST
  • 2007/06/09(土) 02:08:34
  • [編集]

初めてコメントさせていただきます。

この日記を書かれたタケさんのご苦労お察しいたします。
ブースター編についてはかなり言葉を選びながら書かれたのではないかと思いますので・・・。

タケさんのように意見を言っていただけるのはとても貴重なことです。
ただ、こんな風に(身を削って?)日記に書いてもらわないといけない現状だということは残念なことで・・・。

ブースターという仲間が出きることはいいことですが、群れることで周りが見えなくなるのは問題かと。
良い行動が増えるのはいいですが、まずい行動も右習えで増える可能性もあるわけで。
隣の人がやってるから自分もやっていい、ではなく、一人の思慮ある大人として自分の行動に責任を持つべきですね。
私も含めてブースター全員がです。

このタケさんの日記がたくさんの人に響くことを願っています。

勝手な意見を長々と失礼いたしました。

  • 投稿者: あい
  • 2007/06/09(土) 14:01:56
  • [編集]

>あいさん
誰かを傷つけたりするのが目的ではないですからね、言葉選びには確かに苦心しました…(笑)。
そうですね、誰もが思慮分別を持って行動すれば、今起きてる問題はほとんど解決すると思います。
なかなか難しいんですけどね(苦笑)。
多くの人に何かきっかけを与えられたのなら、書いた甲斐があったと思いますよ☆

  • 投稿者: 1ST
  • 2007/06/12(火) 00:54:18
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。