スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その男、Kobe Bryant。

  • 2007/05/30(水) 00:27:54

うぃ~☆
しっかり更新してますよ(笑)!
つってもここ最近は基本的にトレーニングばかりの毎日なので…ちょっとしばらくは趣向を変えて、違った角度からバスケを覗いてみようと思います。
ま、そのうち大きい発表はしますので~☆

さて、今日のタイトル。
Kobe Bryant…俺の好きなNBAプレイヤーの1人です!
所属はロサンゼルス・レイカースで、背番号は24番。
高校卒業と同時にNBA入りし、同年にスラムダンクコンテスト優勝。
シャックとコンビを組んでレイカースの三連覇に大きく貢献。
シャックが抜けた後は名実共にチームの大黒柱になり、得点王、BEST5ファーストチーム選出、ディフェンシブBEST5ファーストチーム選出などなどチームの成績は高くないものの獅子奮迅の働きを見せている。
昨シーズンはNBA歴代2位となる1ゲーム81点の大記録を達成。
今世界で最も点が取れる男の1人。

…と、なんか説明口調で語ってみました(笑)。
俺が最初に観たのは、彼がリーグに入ったその年かな?
当時の背番号は8番(今シーズンから24番に変更)で、鳴り物入りのルーキー…一発で好きになりました。
俺にとって8番っていうのはかなり意味のある数字でして…というのも、ミニバスの時に初めてちゃんと貰ったユニフォームの番号が8番だったんだよね☆
小学校の卒業制作?の「自分の夢」っていう絵には、ブルズの8番を着けてまさにダンクをしようとしている自分を書いたくらい(笑)。
昔は番号が同じってだけで好きだったコービーだけど、今では違った視点からかなり注目してます。

それは、「バスケットボールに対する姿勢」。
負けず嫌いで有名なのはMJだけど、コービーもそれに勝るとも劣らないほどの負けず嫌い(らしい)!
そして負けず嫌いなだけじゃなく、それに伴った努力も怠らないプレイヤーなんだよね。
それはアメリカのプレイヤー、スポーツ記者達の中でも有名な話らしく、毎シーズンオフ、彼ほど自分のゲームのレベルを向上させようとしているプレイヤーは他に見当たらない、とのこと。
これは凄いことだよね。
NBAでチャンピオンになって、得点王にもなったような人間が、それでも飽き足らずに尚も自分を成長させ続けてる…それは簡単なようでいて、ものすごく難しいこと。
彼ほどに実績も技術も無い俺が、彼以上に練習しないで良いワケがないっ!
一方通行な感情だけど、彼に対してはものすごい尊敬と負けん気を感じてます…俺も負けず嫌いですから(笑)。

日本だと、少し上手くなると途端に向上心を忘れる人が多くなるのは、事実。
俺も何度も目にしてきたし、その度に嫌な気持ちになった。
「世界で一番上手いワケでもないのに、何故彼らはさも上手そうに振舞えるのか?」
まあ色んな理由があると思うけどね、日本の土壌、周りの対応、本人の自覚…。

でも、井の中の蛙でいて良いワケがない。

やるからには徹底的に。
自分への一つの課題として胸に刻んでること…それを見事に体現してるコービーには素直に尊敬の念を抱くよ。

とはいえそのままでは終われない。
何よりも自分がもっと成長するために、明日からまたガツンと練習していきますよ!
頑張るぞ~っ!
ではでは☆

99%の努力と1%の才能が僕を作ったんだ。
~コービー・ブライアント

One,
1ST

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。