スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

How to keep me motivated.

  • 2007/03/09(金) 18:32:08

さてさて久々のコラムです。
色々書きたいことはあるんだけど、なかなか自分の中でまとめきれてないところもあったりして…そのテーマにしても、個人的なところから普遍的なもの、どれをとってもセンシティブな内容が多くなりそうなので、なかなか明文化するには至らず。
もっと文才磨く必要ありですな。

まあそんな中でも最近よく思う、よく聞かれることに対して思うところがあったんで今日はそこを書いていこうかな。

今までバスケをしてきた中でよく聞かれるのが、
「どうやってモチベーションを持続させるのか?」
って質問なんだけど、俺なりの考えを幾つか。

俺はいわゆるエリート街道を進んできたワケではないから、周りからすれば、
「なんでそこまでバスケに没頭出来るのか?」
っていう質問を何度も何度もされてきた。
ま、普通に考えればそうだよね、日本じゃバスケで生活出来る環境は物凄く限られてるし、そこに辿り着けるのは本当に数少ないプレイヤーのみ。
そしてそこに辿り着くには、小さい頃から全国でも有名だったヤツがなりやすい、ってこともあるしね。
チームは決して強くない、プレイ自体も独特を通り越して異質(笑)、そんな人間がどう頑張ってもバスケじゃ生活出来るワケない。
普通に考えればその可能性は高いだろうね。

けど、それは他人の考えで、俺の考えではない。

俺がバスケを始めたのは小3の時、そして本気でバスケで生活しようと思ったのは小6の時。
それまではバスケは遊びの延長みたいなものだったんだよね、なぜかフックシュートばっかり練習したり、なぜかシュートだけは左手でうってみたり。
…今思えば相当不思議な子だったわ(笑)。

じゃあなぜ真剣に取り組むようになったかっていうと、バルセロナオリンピックでドリームチーム観たからなんだよね。
当時の自分にとってはものすごい衝撃的な出来事で、それを観て以来、
「絶対将来NBAでプレイするんだっ!」
と心に決めたものです。
それからは、バスケといえばアメリカっていう図式が基本にあった。
NBA関係の雑誌は飽きるほど読んだし、観るゲームはほぼアメリカのもの。
よく言われる日本人らしくないっていうのは、そこから来てるんじゃないかな?

それからはそれこそ狂ったようにバスケしてた気がする。
自分の中では、
「NBAでプレイする」
っていうことは「将来の事実」として出来上がってるから、そこに辿り着くために、やった方が良いと思ったことは何でもやるようにした。
そのどれもが良い結果を出したワケではないけど、悪い結果が出たら出たなりに学ぶものもあったから…まあ結果オーライかな(笑)。

だから自分のモチベーションを説明すると、「将来の事実を現実化するための準備」と言えるのかもしれないね。
最近よく言う例えがある。
小さい頃の自分にとって、「遠足」ってものすごく楽しみなものだったと思うんだよね。
遠足が決まった瞬間からドキドキワクワク、行った先にどんなことが待ってるのか、行くまでにどんな楽しみが待ってるのか…。
でも、遠足に行くにはやらなきゃいけないことはたくさんある。
荷物のパッキング、お弁当をつくってもらう、おやつを買いに行く…普通に暮らす分には別に必要のない、余計なことなのかもしれない。
けど、それが自分の楽しみのためにやるべきことだとしたら、進んででもやろうとするもんじゃない?
遠足に行くまでの全ての過程が、楽しくてやり甲斐のあるものに思えると思うんだよね。

俺にとっての遠足は、「NBAでプレイすること」。
俺にとっての遠足の準備は、「NBAに行くためにする、あらゆる準備」。
どんな練習も、どんなゲームも、どんなトレーニングも、俺にとっては楽しいもの以外の何物でもない。
そりゃあキツイ練習もあるし、なんだか気分が浮かない日もある。
けど、そんな中でもふとした瞬間にはもうバスケがしたくなってるんだよね。

今現在は足の調子やトライアウトまでのスケジュールを計算して練習してるから、動きたくてもあえてセーブするところはある。
早く身の振りを決めて、思いっきりバスケしたいな!
それが今の「モチベーション」かな?

とまあ今回はダラダラ書いちゃったけど(苦笑)、これからはもうちょいコラムも増やしていこうと思いまっす。
何か意見やら何やらあったら、気軽にコメント残して下さいね☆
ではでは☆

人生に苦難は付き物だ。
その苦難には、不屈の勇気を持って立ち向かえ。
それを乗り越えた時、本当の喜びが君を待っている。
~シラー

One,
1ST

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

今日の武井君のブログ長いから読むのやめとこうかななんて思っていたら・・・

良かった!!!すごく良かったです!!!

自分のブログ見てもわかってもらえると思うんですけど、今完全に気持ち切れてます。

ただこういうのって、気持ちが高い人には相談できなくて・・・(逆に迷惑かなと思い・・・)しかしマジな話、ちょうど武井君に相談って言うか、質問しようと思ってたところだったんですよ(笑

要約すると、まずは目標を持たなきゃだめですね。なんだか、最近は練習がに対する鬱みたいのが出てて・・・

でも練習の先にある、「関東インカレ入賞」っていう目標を見失っていたような・・・。

あー!!頑張るぞ!!!今は猛烈に走りたい気分です。深夜だけど(笑 ありがとうございました。

  • 投稿者: しょへ
  • 2007/03/09(金) 23:53:23
  • [編集]

家の娘も小学校三年生で始めてキャップに出逢い、バスケに出逢い・・来週小学校を卒業します。最初は走るの早くなりたいからってちんぷんかんぷんな理由で、なぜバスケ?って思ってたけど自分ではじめたいって言ったバスケが彼女にそしてあたしにこんなに大きく影響しようとは・・・。彼女の夢は女子バスケット選手です☆それもプロって言ってるけど^^;。英語も話せなきゃアメリカにも行けないなーってNOVAにも通って・・・どこまで、やれるかわからないけど、彼女なりの夢の実現計画は、親ばかながら、かわいいな、素敵だなって思ってる、小さいころからの夢はあたしも一緒に応援、見守ってやりたいなって思ってる今日この頃。~そうそう、今日は高松戦・・・ネイトと、ナイルが欠場は・・・少し痛手だけど、ほかの選手の皆さんのいいところがたくさん出ればいいなって富山から応援してます。~タケさん今回も素敵なコラムをありがとうです☆

  • 投稿者: eri
  • 2007/03/10(土) 13:50:48
  • [編集]

お返事です☆

>しょへ
長いのはお許しを(笑)。
スポーツやってれば誰でも気持ちの面で苦労することが少なからずあると思うよ、俺もそうだし。
じゃあそこで何をするのか、そこにかかってると思うんだよね。
偉そうなことは言えないけど、何もしないことでも自分のために出来るようになりたいよね!
お互い頑張ろうぜ☆
>eriさん
そうなんですか、お子さんの夢が叶うと素敵ですね!
子供の頃の夢って変に世間ずれしてない分、純粋なものですよね。
子供の頃の夢を追いかけてる人間の一人として応援しますよ☆
なんか富山はインフルエンザで大変だとか…?
早く元気になって欲しいものです…。

  • 投稿者: 1ST
  • 2007/03/10(土) 21:04:58
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。