スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今を生きる

  • 2005/06/05(日) 19:15:12

ここでは日々の日記とは違い、俺が日々思っていること、考えたことなどをちょくちょく載せていこうと思う。
まず第一回の今日は、「今を生きる」ということについてちょっと書きたい。随分大仰なタイトル付けよってからに…と思うかも知らんけど、まあ聞いて下され。
時制というものを考えた時に、大きく分けて3つの概念が存在すると思う。すなわち、「過去」、「現在」、「未来」だね。今までやってきた事の結果が「過去」で、これから行なう行動の結果が「未来」なワケだけど、果たして「現在」とはどういうものなのか、そしてまたどうあるべきなのか。それについて俺なりの意見を述べたいと思う。
「いまという 今この時は なかりけれ まのとき来れば いのときは去る」
こういう禅の道歌があるんだけど、これはつまり、「現在」ってものの刹那性を表してると思うんだよね。要するに「時制」、分かりやすく言えば「人生」というものは、一つ一つの「現在」っていう点が無限に続いていくものだと思うんだわ。そうであるならば、俺たちはこの「現在」という点をどう生きていくべきか?
色々な考え方があると思うけど、俺はその一つ一つの「現在」を、個人個人が最大限の努力をして、自分の納得できる形で積み重ねていくべきだと思ってる。そうやってきた結果が「過去」であり、そうしていくことでの結果が「未来」である、とね。そうすれば自分の人生、いつ終わりを迎えたとしても満足できると思うんだよね。だって自分がやるだけやって納得した「現在」の集大成が、自分の「人生」そのものになれるんだから。
俺は毎日そう考えて「現在」を生きてる。つまりこの一瞬一瞬を、自分がやれるだけのことをやって、自分が納得して生きてる。
この先、俺の人生に何が起きるか全然見当もつかないけど…人生が終わる最後の瞬間に、「良い人生だった」と言い切れるものにしたいと思うよ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

blog開設おめでとうございます!

どうも、king of 屁タレことサワベです。1stさんがblog?!という感じで意外でしたが、来てみたらまさに1st‐world全開という感じでウケました^^;
バスケの日記もとても参考になるし面白いけど、こういう哲学的なテーマも普段のノリではなかなか話さないことなんで(まぁ実は結構話したりしてますけど笑)、沢山ざっくばらんに書いて欲しいと思います。
ともあれ、ちょくちょく見に来ますんでバスケもblogも頑張ってくださいね!

  • 投稿者: VIN
  • 2005/06/05(日) 23:46:45
  • [編集]

どーも、早速初カキコです。過去現在未来への考え方が同じだわ。俺は人生のひとくくりにするとでか過ぎて、頭がこんがらがるから一年間を振り返って 良かった。 と思うことができるように心掛けて日々を過ごしています。
それにしても自信家抜群の自己紹介だな(笑)

  • 投稿者: 石井洋平
  • 2005/06/05(日) 23:49:48
  • [編集]

一安心

>VIN
確かに俺ワールド全開だな(>_<)。笑 まあこんな感じでガスガス更新していくつもりだから、ちょくちょく見てって一筆残しといてくれい☆
>いっちゃん
昨日はごめんね、あっち行って帰ってきたらまたゆっくり話そうよ!お互い、目標に向かって毎日進み続けよう(^O^)!

  • 投稿者: 1ST
  • 2005/06/06(月) 01:21:02
  • [編集]

うぃ~

雄大っす。最近「今を生きる」と「今が楽しきゃいい」を履き違えている若者が多いが、さすが武ちんだね、主は立派な武士になれるぜよ。
ところで拙者、現在非常にマズイ(?)状況に陥り、今を精一杯生きられるかどうか微妙な線にいるでござるよ。人生はまさに波乱万丈ですなー。まぁ自分の進んでいく道が間違っていないと信じて頑張るよ。
火曜は5時から?急展開でけっこーおもしろいことになってるから乞うご期待!!

  • 投稿者: Yudai
  • 2005/06/06(月) 01:56:58
  • [編集]

みんなツッコミ好きだね~(笑)
武井ワールド、自己紹介、俺もニヤついちゃった一人です^^;
なんか今までと違った感じでこうゆう接点のありかたって面白いもんだね。今後もガンバってくらさい☆

  • 投稿者: シンド
  • 2005/06/06(月) 13:17:21
  • [編集]

Hi,there!

>雄大
コメントありがと!立派な武士になれるように頑張りますっ!
で、何やらかしたの?笑 明日はかっちり5時に行く予定なんで、ちょっくら楽しみにしてるわ☆
>しんちゃん
確かに新しい付き合い方だね(笑)、でもまあこういうのもなかなかおつなもんでしょ?これからも毎日頑張っていきますっ!

  • 投稿者: 1ST
  • 2005/06/06(月) 17:25:17
  • [編集]

今日

現在が未来につながっていて、その未来も少しずつ現在になってきている。
未来がないとわかった人はどのように考えて現在を生きているのかと、今日思った。

  • 投稿者: 石井洋平
  • 2005/06/06(月) 23:08:29
  • [編集]

そうだなぁ

>いっちゃん
それは例えば病気か何かで余命が限られた場合ってことかな?
…俺は今現在そういう状況じゃないから冷静に考えられるのかも知らんが…それでもやっぱり一瞬一瞬を納得しながら生きようとすると思う。人は誰でもいつかは死んでしまうワケで、それは誰も逃れ得ない人生の終末なんだよね。ならば、リアルに自分の死を感じるようになった時…俺は死ぬことを嘆き悲しむより、生きていられる一瞬一瞬を大事にしたいと思う。自分がいつ死ぬか分からない今の時代では、やっぱり毎日を自分で満足できるものにしていくことが、いまわの際でも自分の人生に胸を張れる手段だと思うよ☆

  • 投稿者: 1ST
  • 2005/06/07(火) 00:03:16
  • [編集]

こんにちは。

「今を生きる」を読ませてもらって何だか過去を振り返って浸ってました。
人生には出会いがあり、その中で素敵な人、大切な人との出逢いが巡ってくると思います。今を生きていく中でその巡り逢いが人生を楽しくしてくれたり、素敵なものにしてくれたりするんだなぁって感じてます。人との繋がりを大切に、今を生きていきたいですね。
アメリカでのバスケ頑張ってください。一家で応援してます。
またクライドを抱っこしてくださいね!
よかったら、「魚歌水心」の意味を教えてください。

  • 投稿者: CMY
  • 2005/06/07(火) 08:55:24
  • [編集]

いやはや

>CMYさん
応援ありがとうございます!このblogを見てくれた人が何か日々の生活に新しいものを見いだせたら、嬉しい限りです☆
魚歌水心の意味、次のコラムで書かせてもらいます!てかホントはさっきまで書いてたんですけどPCがバグって原稿消えちゃったんで…。明日書かせて頂きますのでよろしくおねがいしますっ!

  • 投稿者: 1ST
  • 2005/06/07(火) 16:35:32
  • [編集]

小学生からのニックネームでカキコさせていただきます。俺も最近そういうような事を考えてたよ。部活引退してから約三ヵ月、教育実習で出会った母校のみんなのコーチやってそれがものすごく充実してた。それが四月から大学院始まってあまりにこれまでとかけ離れた生活に疲れきってた。でも自分で選んだ道だからね。最近少しずつ楽しみながら日々励めるようになった。先日その子達の引退試合があって見に行ったけどいろいろ感動させてもらったよ。俺にとってもあの子達にとっても出会ってからの一年間はものすごく楽しい期間だったけど、もう過去のものとして切り替えないといけない。素敵な思い出としてあの頃楽しかったねって話せるのはもちろん素晴らしいと思うけど、あの頃が一番楽しかったってのはさみしいから。常に今が一番であるように。今全力を尽くす事。たまには立ち止まったり、振り返ったり、休む事も必要だけど、基本的に前向いてその瞬間に全てを注ぎ込める事が素敵だよね。俺は大学院生として、人生初の教え子たちは受験生としてしっかり今を生きていこう。そんなメッセージをついこの前みんなに送りました。

  • 投稿者: もっとん
  • 2005/06/07(火) 17:23:47
  • [編集]

その通り

>もっとん
久々だね、元気かな?俺も相変わらずバスケとトレーニングとバイトの日々だよ、忙しいけど毎日少しづつでも上手くなってるのを実感できているのが嬉しいね。
春からの新生活、今までと違って色々戸惑うこともあるかもしれないけど、そんな時はこのブログを開いてくれい。俺は変わらず上を見てるはずだし。それを見て少しでも何かポジティブなものを与える事が出来たら…このブログを作った甲斐があるってもんだ。
積もる話はまた渡米後にって感じかな、その時を今から楽しみにしてるね☆

  • 投稿者: 1ST
  • 2005/06/08(水) 00:29:59
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。